老人ホームの看護師の仕事は、入居者の健康管理になるので、食べる物の柔らかさの指示や、活動の可否を判断することになります。たとえば、入浴前に体調のチェックをしたり、服薬の管理をします。体調を崩しやすいお年寄りの管理をするのが、老人ホームの看護師の主な役割になります。

病院勤務の看護師の役割とはかなり違い、老人ホームは介護のための施設になります。基本は入居者の健康管理であり、看護のプロとしての看護師の役割は、入居者の命を守ることにあります。

老人ホームには、介護スタッフの人数が多く、ケアマネ、介護スタッフ、相談員などのスタッフが主に介護業務にあたっています。そのため、施設によっては看護師の役割が曖昧になる部分があります。介護スタッフでは出来ないことを老人ホームの看護師が役割として担います。

健康管理を中心としながら、入居者に体調変化はないかを確認します。そして、食事の様子、食べ残しの量、排泄はきちんと行われているか、などをチェックします。服薬をきちんと管理することも老人ホームの看護師の大事な役割になります。