老人ホームに看護師が従事するメリットは、通常のクリニックと比べて仕事が楽なところです。重篤な病気の入居者は基本的にいないので、仕事が比較的楽です。老人ホームの看護師がする仕事は、毎日の健康チェックが基本です。そのため、高度な処置を求められることはなく、高いスキルは必要ありません。医療行為が必要な時は、付き添って病院に行くだけです。

そうしたスタイルなので、通常のクリニックと比べて、精神的にはかなり楽です。行うのは処置そのものではなく、病院に行くかどうかの判断になります。退職してブランクのある看護師が復職する職場としてはもってこいと言えるかもしれません。

老人ホームに看護師が従事するメリットは、給料面もあります。日勤のみでの仕事になるのですが、通常のクリニックと比べて比較的高い年収が期待できます。老人ホームは、昼間だけ看護師が常駐することになり、夜間は特に規定がありません。看護師が常駐するのは日勤のみの施設がほとんどで、夜間は提携している病院で対応しています。入居者の具合が悪くなって急に病院に付き添う必要が生じる以外は、基本的には定時で勤務を終えることができます。残業も少ないので、働きやすいメリットがあります。