看護師が産後復職する際、求人面接で気を付けることは、働く意欲をしっかり示して、明確にしてアピールすることです。面接の際、必ず聞かれるのが前職の退職理由になります。産後復職する場合、ブランクがあるのでどうしても不安があります。不安な気持ちを断ち切るためには、絶対に就職に成功するという強い気持ちで、求人面接に臨まなければなりません。

中途半端な気持ちで産後の復職活動をすると、楽な方に気持ちが誘導されていきます。そうすると結果的にしっかりとした準備ができず、面接で第一志望先から落とされてしまうことになります。

看護師が産後復職する際は、絶対就職したいという強い気持ちを持つことが大事です。その上で、全力で志望動機と自己PRを考えるのです。

そのためには、求人面接に備えて、履歴書の書き方を学び、面接マナーを学ぶなどの準備が必要です。せっかく、産後復職しても、条件の悪い病院やクリニックに就職することになると、この先が不安になります。

産後復職の際には、不安にならないよう、第一志望先に内定されるよう事前の準備をしっかりしておくことです。